slide_01 (1)
ペットとの生活には様々なグッズが必要

ペットとの生活には様々なグッズが必要です。
それぞれの性格や好み、種類に合ったものを選んであげるようにしましょう。

ペットに合ったエサの選び方

ドライ

水分量が10%以下のフードで、一般的にカリカリと呼ばれるもの。長期保存が可能で、無添加のものや、栄養のバランスを考えた総合栄養食などがあります。

ソフトドライ

水分量が25%~35%程度で、ドライフードよりは少ししっとりとしています。ドライフードに比べて嗜好性が高く、食欲がない時などに与えるのも良いでしょう。ドライタイプに比べるとやや日持ちがしないので、賞味期限をしっかりとチェックするようにしてください。

セミモイスト

ソフトドライフードと同様に水分量が25%~35%程度で、よく似ていますが、製造法の違いから分類されています。こちらも嗜好性が高くワンちゃんも喜んで食べてくれますが、あまり与えすぎるとドライフードを食べなくなる場合があるので注意しましょう。

ウェット

水分量が75%程度で、
長期保存が出来るように殺菌処理されており、缶詰やパウチで販売されています。
ただし、一度開封すると日持ちしないため、なるべく早く食べきるようにしましょう。
中身は、多くが肉や魚をペースト状にしたもので、ワンちゃんにとってはおいしく、
食べやすいですが、反対にあごの力が弱くなったり、栄養のバランスが偏ってしまう場合もあるので、与えすぎには注意しましょう。

ドライ

水分量が10%以下のフードで、一般的にカリカリと呼ばれるもの。長期保存が可能で、一食当たりの費用が安く済むことと、適度な硬さがあるため、歯石や歯周病の予防にもなります。ただし、水分不足になりがちなため、しっかりとお水も準備してあげましょう。

セミドライ

水分量が30%~40%程度で、食感がやわらかく作られているため、顎の力の弱い子猫や老猫でも食べやすくなっています。ドライフードより、嗜好性が高く猫ちゃんも喜んで食べてくれますが、長時間鮮度を保つことが出来ないため、少量ずつ与えるのが良いでしょう。

プレミアム

ドライフードと同じく水分量が10%以下のもので、着色料や保存料、参加防腐剤などがほとんど含まれていない、品質や原材料を厳選して作ったフードです。そのため、栄養のバランスもよく猫の体調管理もしやすくなりますが、通常のドライフードよりは高価です。

ウェット

水分量が70%~80%程度で、缶詰やパウチで販売されています。嗜好性が高く、多くの猫ちゃんが好んで食べてくれますが、栄養のバランスが偏ってしまうため、ウェットフードの食事だけで良いというわけにはいきません。食べすぎるとお腹を壊してしまう場合があるので、ドライフードと混ぜて与えるなどの工夫が必要です。

うさぎ

牧草

イネ科の牧草チモシーやマメ科の牧草アルファルファなどがあり、乾燥させたものや生の牧草、キューブタイプなど様々なものがあります。大人とこどもでは適した牧草が違うので、年齢別に合ったものを選びましょう。

ペレット

固形の総合栄養食で、うさぎに必要な栄養がバランスよく含まれています。年齢や品種に応じて様々なものがあり、各社分類されたものが売られているので、食物繊維が多く、脂質、タンパク質、添加物が少な目のものを選びましょう。

野菜

繊維質の多い緑黄色野菜がおすすめです。うさぎも喜んで食べますが、与えすぎるとペレットや牧草を食べなくなってしまい、栄養のバランスが偏ってしまいます。また、与えて良い野菜、悪い野菜があるので、しっかりと確認が必要です。

果物

うさぎは喜んで食べますが、糖分が多いので仔ウサギは与えず、大人のうさぎにも与えすぎないように注意しましょう。肥満や下痢、虫歯の原因になります。

ハムスター

ペレット

イネ科の牧草チモシーやマメ科の牧草アルファルファなどがあり、乾燥させたものや生の牧草、キューブタイプなど様々なものがあります。大人とこどもでは適した牧草が違うので、年齢別に合ったものを選びましょう。

野菜、果物

固形の総合栄養食で、うさぎに必要な栄養がバランスよく含まれています。年齢や品種に応じて様々なものがあり、各社分類されたものが売られているので、食物繊維が多く、脂質、タンパク質、添加物が少な目のものを選びましょう。

生活に合ったトイレ

設置場所やしつけなど、ペットとの生活で重要なポイントになってくるトイレ。
各社から様々なスタイルのものが発売されていますが、どのような種類があるのでしょうか、一例を紹介します。

屋内用はペットトレーにシーツをセットする形が基本です。トレーとシーツにそれぞれサイズがあり、ワンちゃんの大きさやクセなどに合わせて選ぶようにしましょう。
また、足を上げておしっこをするワンちゃんは、壁付きのトレーや、L字型で壁に立てかけられる折り畳み式のものも。お散歩の際に使用するうんち処理袋やスコップなど様々な
機能、デザインのものが販売されています。室内飼育の場合は、トイレを寝床と離れた場所に設置しましょう。犬は寝床で排泄することを嫌います。人があまり通らず、あまり寒くならないような場所がおすすめです。

猫の場合は、深めのトレーに専用の砂を入れます。猫は遺伝的に砂の上で排泄をするようになっているので、家の中にある砂の場所を覚えたら自然にそこで排泄するようになりま
す。定番の箱型、砂の飛び散りを防ぐハーフドーム型、周囲を気にすることなく安心して猫ちゃんが利用出来るドーム型などがあります。トイレの大きさは猫のおよそ1,5倍が最適です。小さすぎると安心して用が足せません。
また、猫砂にも好物系、食品系、木材系、紙系、シリカゲル系など様々な種類があり、粒の大きさや旧水力、脱臭力など様々な違いがあります。砂に関しては、何よりも猫ちゃん
が気に入ってくれるかがポイントです。砂が気に入らないとトイレを使用しなくなる場合もあるので、気に入ってもらえるまで根気よく試すようにしてください。

うさぎのトイレは三角型四角型が基本です。さらに掃除が楽なペットシーツや消臭効果が高いトイレ砂などそれぞれ様々な種類が各社から発売されています。
トイレ自体もプラスチックや金属、陶器など様々な種類があり、こちらもお家のうさぎちゃんが気に入ってくれるまでは、根気よくいろいろなタイプを試すようにしましょう。
うさぎちゃんは同じところで排泄をする修正があります。ケージにいれて、最初に排泄した場所にトイレを設置するようにしましょう。

ハムスターは、ケージの中の安心できる場所で排泄をします。ここと決めたら同じ場所でするので、一度覚えたらトイレ以外の場所を汚すことはありません。また、種類によって
やや覚え方に違いがあり、ゴールデンハムスターの場合は、トイレを設置した場所を自然に利用するようになる傾向がありますし、ジャンガリアンハムスターは一度排泄をした場
所にトイレを設置する
方法がおすすめです。トイレは、様々な形がありますし、トイレ砂も種類が豊富です。それぞれの特徴を確認し、ケージの大きさや掃除の仕方、ハムスター
の好みなどを踏まえて選ぶようにしましょう。

ペッとが喜ぶおもちゃ

しつけや、ペットとの絆を深めるために欠かせないおもちゃ。
おもちゃがペットに与える効果は様々なものがあり、おもちゃの種類も様々なものがあります。

一緒に遊ぶ

ボール、フリスビー

ボールやフリスビーなどは犬の狩猟本能を満たすことが出来る上、飼い主との絆を深めることが出来ます。『もってこい』は教える必要がありますが、投げたものを犬が加えてもどることにより、その関係性を確立することが出来ます。
ボールはゴム製のものや音が鳴るものなど様々な音が鳴るものがあり、ワンちゃんも喜んで追いかける必要はありますが、誤飲の可能性もあるため、遊び終わったら片づけるようにしましょう。

ロープ、ぬいぐるみ

ロープやぬいぐるみは獲物を噛んだり、引っ張ったりするのと同様の満足感が得られるため、引っ張りっこして遊んであげましょう。ちぎれたりしない丈夫なものを選びましょう。
ただし、犬が興奮しやすくなるので、興奮させすぎないように長時間続けることは避けましょう。

一人遊び

骨、デンタルボーン

骨系、デンタルボーンなどの噛むおもちゃはお留守番の際に与えると喜びます。
噛んで遊ぶことを目的とし、犬が興味を引くにおいなどが付いているものも多いです。ただし、ワンちゃんの噛む力に合った硬さのものでないと、歯が欠けてしまったり、破壊した際にかけらを飲み込んでしまう場合もあるので、注意しましょう。

一緒に遊ぶ

ねこじゃらし

ねこじゃらしといえば、定番ですが、最近では様々な素材、デザインのものがあります。鳥の羽を使用したものや、ふわふわのボールがついたもの、釣り竿のような紐のがないものなど様々。動くものを狩猟本能で追いかけるので、まわりに危険なものがないか確認してから遊ぶようにしましょう。

一人遊び

キャットタワー

キャットタワーは、爪とぎが付いたものやボールがぶら下がったもの、ハンモックなどがついたものまで様々なタイプがあります。猫は平面を駆け回る習性はなく、上下運動出来る場所が必要です。床に設置するタイプや突っ張り棒タイプがありますが、なるべく背の高いものがおすすめです。

うさぎ

一緒に遊ぶ

トンネル、段ボールハウス

トンネルやお家系のおもちゃは狭いところに出たり入ったりするのが好きなうさぎにとって楽しく運動が出来るおもちゃです。木製のものや段ボール製のものなの様々なタイプがあります。

一人遊び

噛むおもちゃ

うさぎはなんでもかじってしまうので、コンセントや家具が噛まれててしまわないように噛んで遊べるおもちゃを与えましょう。木や藁など自然素材のものがたくさん販売されているので、うさぎちゃんのお好みのおもちゃを選んであげてください。

ハムスター

一人遊び

回し車、砂場、木のおもちゃ

ハムスターの本能を利用したおもちゃがたくさんあります。定番の回し車は運動不足の解消になりますし、砂遊びも本能を刺激します。また、ハムスターは色々なものをかじってしまう修正があるので、かじっても大丈夫な木のおもちゃを与えましょう。

可愛いペットウェア

お洋服を着ているワンちゃんや猫ちゃんはとてもかわいいですが、ペットに本当に服は必要なのか?という声もあります。
可愛さがアップするだけではなく、ペットウェアには様々なメリットもあるんです。

防寒対策

防寒対策

在来種である日本犬は日本の気候に合わせて寒さに耐えられる毛皮をもっています。しかし、現在は世界中からやってきた様々な種類のワンちゃんがいて、寒さに弱い種類もいます。寒い日のお散歩やクーラーの効いた室内など、ワンちゃんの体を寒さから守ってくれます。これは猫ちゃんも同様です。

暑さ、紫外線対策

暑さ、紫外線対策

寒さと反対に、暑さ対策にもペットウェアは有効です。紫外線による皮膚の火傷や皮膚病や、アルファルトの照り返しによる熱中症や脱水症状からワンちゃんを守ってくれます。

抜け毛とマナー対策

抜け毛とマナー対策

よそのお家を訪問する際や、ドッグカフェなどを利用する際に抜けがが落ちないようにす るため、ペットウェアが抜け毛が飛び散るのを防いでくれます。

各店舗リンク

ペッツマックス 八幡東店
ペッツマックス 小倉北店
ペットアミ 飯塚店
ペットアミ 川崎店

大野城店

ペットプラザ中央林間

ビバペッツ座間店

ビバペッツ大木店